就活って、何をすればいいの?就活サイトを活用する!


現在の就活スケジュールは、経団連加盟企業の選考開始時期が、当初予定の8月スタートから2ヶ月早くなり6月スタートに変更となっています。
そもそも、就活って何から始めたらいいの?など、まだ就活前の方にはよく分かりませんよね。そんな方に、就活のノウハウをわかりやすく簡単にご紹介します。

◆就活とは何なのか?
就活とは就職活動の略語。就職活動とは、その字の通り「職に就くための活動」であり、仕事を得るための活動です。最近は、その視点が抜けているため、自信過剰や自分のやりたいことを優先してしまう間違った風潮が就活に蔓延しているようです。もちろん、自分のやりたい仕事に関して考えることは重要。しかし、そのことばかり夢中になり、どうすれば自分のやりたい職に就くことができるのか見落とし、結果就職できなければどうしようもありません。就職活動のスタートとして、基本は、「職に就くための活動」であることを認識する必要があります。

◆就活を始める時にやるべきこと!
就活を始めるにも一体何から始めたらよいか分からない人に、やるべきことを4つご紹介。

その➀ 就活サイトへの登録は早い段階で!
就活を始めたら、まず、就活サイト「マイナビ」と「リクナビ」などに登録。
また、他にも就活の情報を手に入れるツールはあります。就活は情報戦にもなるため、情
報収集用のツールを多く持つ必要があります。
 就活に関する情報には常日頃アンテナを張り巡らして、空いた時間にいつでもチェックでき
る環境を整えましょう。

その➁ 必要な物はすぐ準備!
 就活が始まると、今まで必要ではなかった物が必要になってきます。始める前にチェックし
ましょう。
〇絶対必要になるもの
スーツ/革靴/証明写真/印鑑/携帯やパソコンのメールアドレス
 〇有れば便利なもの
  ノートパソコン/スケジュール帳/名刺入れ など

その➂ 志望企業のエントリー期限の確認!
 就活が忙しくなると、重要な情報を見落としたりしてしまう危険があります。
 就活を続ける中で、受けることが決まっている企業に関しては、最低でもエントリー期限の
確認が必要不可欠です。

その➃ 自分を客観的に見て自己分析しよう!
 就活と聞いて「自己分析」しようと考える人が多いはず。しかし、最後まで苦労しそうな要素ですよね。また、就活を終えた人は、口を揃えて自己分析の大切さを語ります。
 どこの企業でも必ず面接選考に取り入れており、はっきりと答えられることが重要です。
 「自己分析ってどうすればいいの?」という方は以下の項目を参考にしてみましょう。
・両親に自分の子供時代のエピソードを聞いてみる
・自分の書いた日記や作文を読んでみる
・これまでに自分が経験したことを書き出してみる
就活を始める前に、自分自身の経験や強みを聞いたり書いたりして、何でも答えられる様に
準備しましょう。

◆就活サイトの賢い利用方法
就活の最初のステップが就活サイトの登録。先にご紹介したサイトを含め主に、
・リクナビ
・マイナビ
・日経就職Navi 
・enジャパン  の4サイトです。
これらのサイトに全て登録することをおススメします。登録されている企業の数が多く、選択肢が増えます。また、企業の情報をじっくり研究できる上に、内定するための対策などの情報が充実していることも大きなメリットです。
サイトごとに登録されている企業が異なり、複数の求人サイトに登録されている企業もありますが、1つしか登録されていない企業も数多く存在します。
もし、リクナビしか登録しておらず、自分が応募したい企業が他のサイトにしか登録されていなければ、チャンスが逃げてしまいます。そうならない為にも、選択肢をなるべく広く持っておくことが大切です。


就職活動中には、様々な情報を得ることがポイント。
就活サイトでの情報収集も必要ですが、先輩や仲間の体験を聞くことも大切です。
事前の準備を万全な状態にして、「職に就くための活動」を頑張ってください。