インターンに参加しよう!


 就活前によく目や耳にするのが、「インターン」という言葉。
インターンは行った方が良い!と誰もが口にしますが、実際、どういったことが就活に有利なのか分からないものです。そこで、「インターン」とは何なのか、どういった目的やメリットがあるのか見ていきましょう。

◆インターンとは・・・
「インターンシップ」略して「インターン」とは、学生が将来のキャリアや夢を実現するために、就職前の一定期間、実際の企業で働くことを意味します。大学本科生では、3年の夏・春の長期休暇中に行くことがほとんどです。就活に先駆けて仕事を体験することで、就活本番でのミスマッチを防ぐ目的があります。

◆インターンに参加する目的
インターンに参加する際、設定すべき目的は何なのか明確にしておく必要があります。
目的➀ 必要なスキルや能力の把握
目的➁ 働く人達との交流
目的➂ 実際の仕事を通じて自己分析ができる
以上の様な目的意識を持ってインターンに参加すれば、自分にとってやりがいのある企業を選ぶ材料になります。

◆インターンに応募するメリット
特別な理由がない限り、インターンに応募することをおススメします。
インターンは、就活において学生、学校、企業それぞれメリットが盛りだくさん。
➀学生のメリット
 ・業界や企業への理解度がグンと上がる
 ・自分自身の特徴や持ち味を再認識できる
 ・就活の際の方向性を再検討することができる
 ・採用選考に慣れる(志望理由のいいネタになる)
➁学校のメリット
 ・学生の学習意欲の向上
 ・就職、定着率の向上
 ・企業との間で強い連携が取れる
➂企業のメリット
 ・求職者とのミスマッチを防げる
 ・企業アピールが出来る
 ・職場が活性化する


このようにインターンに応募することで、就活に有利なメリットがあります。
今までに1社も応募していない人は、興味のない業界も含め一通り探して、1社だけでも応募して仕事を体験してみることをおススメします。