自己分析が大切なわけ


 就活は自己分析が重要とは言うものの、やり方が分からず悩んでいませんか?
自己分析とは、自分を理解すること。自分の魅力をアピールできる自己分析にするために、伝えたい気持ちを大切にして、素直な気持ちで進めればよいのです。
ここでは、他の人と差が出るような自己分析をどう進めればよいのか説明したいと思います。

◆自己分析はなぜ必要?
自己分析が必要とされる理由として、以下のことが考えられます。
➀自分に合った仕事を見つけるため
➁自分の適性を知るため
➂自己PRや志望動機の説得力を増すため
➃将来像を明確にするため

◆上手な自己分析のやり方
企業は、「人柄」「仕事への熱意」「今後の可能性」の3点に注目しています。
では、自己分析はどうすればよいのか?
 ・自分はどういう人間か、どの分野に自信があるか説明する。
 ・自分のやりたいこと(やりがいがあること)を説明する。
 ・チャレンジしたいことを説明する
この3つを上手に説明できるようになるには、自己分析シートに以下の項目を書き出すことが大切です。
➀ 過去の経験を全て書き出す
   ➁ 過去の経験を深く分析する
➂ 過去の経験から長所を見つける
➃ 「やりたいこと」を見つける
➄ 自己分析から「自己PR」「志望動機」を作る

◆自己分析のまとめ方のポイント
最後に、自分の強み・アピールポイントをまとめる段階。
どんなことが得意なのか企業に積極的にPRしていきましょう。そこで、「私を採用することで、こんなメリットがあります」と採用担当者にしっかり伝えることが大切。
好きな事や自信のある事、価値観を広い視野で整理しまとめると同時に、志望する仕事にどのように役立つかを関連付けてまとめていきます。自分の働いている姿をイメージしながら、熱意を持ってまとめの作業をしていきましょう。

何事もそうですが、自己分析というのは、ただ分析すればいいというものではありません。
何に答えを出せばよいか明確にし、他の人とは違う自分だけのアピールポイントになるようにしましょう。